カントン包茎はなるべく早いうちに対処しましょう

カントン包茎は、皮を無理やり引っ張って亀頭を露出させた事が原因でなる状態なので、
やはり亀頭に関する症状が多いです。

まず、カントン包茎の場合ほぼ間違いなく亀頭に痛みを感じてしまいますので、
普段から亀頭周辺に違和感を覚えてしまい、普段の生活にも支障が出ます。

とにかくカントン包茎の症状で一番ネックなのは普段の痛みであり、
この痛みのせいで普段の生活はもちろん、性交渉にまで悪影響を及ぼしてしまうので、
発育不全やEDになってしまう可能性だってゼロではありません。

そして真性包茎や仮性包茎と同じく亀頭などが炎症する亀頭包皮炎などにもかかりやすく
特にカントン包茎は亀頭がダメージを受けやすいので、
他の包茎状態よりも亀頭包皮炎になる可能性が高いです。

他には勃起時に亀頭が締め付けられ血がうまく巡らないという症状も発生しますが、
これはかなり危険な症状なので、早いうちに手術したい
所ではあります。

この他にも二次性真性包茎など、包皮が原因で発症してしまう症状を引き起こす可能性も
秘めており、こすれたりして亀頭にダメージを受けやすいデメリットもあります。

カントン包茎は無理に引っ張った包皮のせいで亀頭が締め付けられている状態ですが、
この状態の場合は亀頭も皮もダメージを受けやすく、その結果どんな症状でも高い確立で
発症してしまいます。

なにより、普通の包茎と違って普段から痛みを伴うという最大のリスクを伴いますし、
放っておくと症状の発生率が高まりますので、なるべく早いうちに対処しましょう



Copyright (C) 包茎のことを正しく学ぶ(仮) All Rights Reserved.