不衛生なだけじゃない。真性包茎によりEDになる可能性も?!

真性包茎とは亀頭が皮で覆われている状態の事を言いますが、
この状態でよくある症状は亀頭が腫れてしまう
、という問題です。

これは皮で亀頭が覆われているために、亀頭が圧迫されてしまうというのが
主な原因であり、痛みや様々な症状を引き起こしかねないリスクがあります。

また、皮に覆われている状態は不衛生であり匂いの問題がどうしても
つきまとって
しまいますし、仮性包茎よりもなかなか厄介な状態なのです。

真性包茎で特に陥りやすい症状は亀頭が腫れる事もそうですが、
亀頭包皮炎も代表的な症状です。

これは簡単に言えば亀頭と皮の両方が炎症してしまうという症状であり、
もし亀頭包皮炎になってしまうと、かゆみを感じたり最悪の場合は出血してしまう
事もあります。

そして亀頭包皮炎が起こる原因としては、やはり皮で覆われている事で生じる
衛生面
が挙げられ、詰まるところ真性包茎はどうしても不衛生になりがちで、
衛生面がきっかけで起きる様々な症状を引き起こしてしまう訳なのです。

そして真性包茎は皮で亀頭が覆われているために陰茎が成長しない
感度の問題からEDに繋がるなど機能面の問題も孕みます。

とにかく長く真性包茎の状態を続けていると、陰茎の機能が著しく低下すると
言っても過言ではありませんが、もちろん本当に機能不全に陥る可能性は
高くないですし、いきなり機能に問題が出ることは稀です。

だから今すぐ病院に行かなきゃダメ!?
とひどく焦らなくても大丈夫でしょうし、まずはじっくりどう対処するのかを
考えてみましょう。



Copyright (C) 包茎のことを正しく学ぶ(仮) All Rights Reserved.